TOP > スポーツ整形

スポーツ整形

あらゆるスポーツレベルの方に対して
原則的に元のフィールドへ復帰していただけるための
適切な診断、治療を心がけています。

精密検査は早期復帰への近道

スポーツフィールドにおいて起こる障害に対し、最も大切な事はけがの状態を正確に判断し、的確な診断、処置を施すことです。

当院では、プロ・アマ問わずスポーツ障害(特に膝・肩・肘・足・腰痛)の診断と治療を行うためにMRIを用いています。
MRIでは、全身における任意の断層面からの撮影が可能なため、スポーツ整形外科では、リハビリテ-ションの時期や方法の考察に対して非常に有効と考えています。

検査機器を積極的に導入し、精度の高い診断に活用していくことは、治療後の生活やスポーツフィールドへの復帰を早く迎えていただくためにとても重要と考えています。

MRI(野村病院)

デジタル画像処理装置CR


スポーツ選手は手術をするとダメになる?

『身体にメスをいれたら選手生命は終わりー。 』
こんな風に思われている方がおられます。しかし、これは誤りです。プロスポーツの世界でも手術によって復帰を果たした選手は数多くいます。
膝、肩、肘などの関節内の手術は、関節鏡と言われる直径5mmくらいの内視鏡を用いて行われることが多く、身体に与える影響も少なくなっています。診断には、レントゲン画像の他、MRI画像を用います。正確な診断が可能となり、その症状に応じた処置を行います。豊富な経験とレベルの高い技術力に加え、術後回復のためにも最良の体制を整えております。

スポーツ障害とは

スポーツによって繰り返される過度の負担が積み重なって、
痛みを主とした慢性症状が生じた状態です。

軽いものは運動時の痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります。よく名前の知られているスポーツ障害には、疲労骨折、野球肘、テニス肘、ジャンパー膝などがあります。
女性は、男性に比べて関節の柔軟性が大きい人が多く、脱臼や亜脱臼障害をきたす場合があります。
高齢者の場合は、骨密度が低下しており、容易に骨折することもあります。
スポーツ障害の予防・回復には、過度の負荷をかけないこと、スポーツの前にはストレッチング(柔軟体操)を十分に行い、スポーツ後にはアイシング(局所の冷却)を行うことが重要です。また、シューズや道具も自分に合ったものにすることや、ランニングなどをコンクリートの上ではなく土や芝生のグランドで行うなどの工夫も必要です。

よくあるスポーツ障害の症状(一例)

捻挫
肉離れ
関節を逆に捻った
関節がひっかかる感じがする
試合の後、関節が腫れる

足の付け根が痛い
膝のお皿の周りが痛い
最後までしゃがめない
走ったりジャンプすると脛が痛い

MRI画像(正常な靭帯)

MRI画像(断裂した靭帯)

よくあるご質問